円形脱毛症見分け方 | 円形脱毛症の原因と治療

カテゴリアーカイブ: 円形脱毛症見分け方

自分でできる円形脱毛症診断

自分が円形脱毛症なのかどうか、それを簡単に診断できる方法があれば初期段階での行動を起こしやすいので知っておいて損はありません。ここでは円形脱毛症の自己診断法をご紹介します。

まず、自分の頭に十円はげを見つけたら、どうすれば良いのでしょうか。一番最初に注目して頂きたいのがその十円はげとそうでない部分との境界線です。それがハッキリしていれば円形脱毛症濃厚です。

次に、これは勇気の要ることですが円形脱毛症になっていると疑われる部分の周りにある髪の毛を引っ張ってみます。大した痛みもなく簡単に抜ける場合も円形脱毛症濃厚となります。

それと、髪の毛とは関係ない部分にもその兆候を見ることが出来ます。指先の爪にそのサインが出ることがあります。全ての場合にそうなるわけではありませんが、爪に小さな窪みや溝のような筋が横に入ることがあるので、円形脱毛症が疑われる時は爪もチェックしてみましょう。

円形脱毛症と症状が似ているために間違えやすいものがありますので、そちらもあわせてご紹介しましょう。一番多いのが「トリコチロマニア」と呼ばれる症状です。これは人間の癖が原因で、無意識に髪の毛を引き抜いてしまうことによって起こります。これは抜毛症とも呼ばれ、日常的に同じ部分の髪の毛を引き抜くのですから、当然その部分は円形脱毛症のようになります。円形脱毛症ではないと言っても、もちろんこれも正常な状態とは言えず、精神的なストレスから生じると言われていますから、原因はどちらも同じと言えるかも知れません。

円形脱毛症になってしまった人にとって、最大の悩みは何と言っても人目が気になることです。自分にしか分からないような小さな脱毛でも、誰かに気づかれたのではないかと思ったり、必要以上にその部分を意識してしまったりします。特に女性や子供にとって、外見上のそういった問題は大きな問題で、ひどい場合はそのために外出しなくなってしまう、つまり引きこもってしまうことにもつながります。そんな悩みが加わることで精神的なストレスが増してしまい、さらに円形脱毛症の原因となってしまう…という悪循環を生みますから、少しでも早く今の症状が円形脱毛症であることを知り、それは治療できるということを知ることでこの悪循環を断つことが出来れば、円形脱毛症の治療がスムーズに進むことにもつながります。

ここでは自己診断の方法をご紹介しましたが、もちろん最終的な診断はプロである医師の診断を受けてください。何事も早い段階からプロの手に委ねることが解決への早道であることに変わりはありません。

自分でできる円形脱毛症診断 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 円形脱毛症 円形脱毛症見分け方

以前の記事